温泉療養アドバイスの作成

現在の状況

性別 男性 / 女性
年齢 (例:55歳)
体重 kg (例:62kg)
生活スタイル [ 説明 ]
主な症状

慢性胃炎、慢性胃・十二指腸潰瘍

胃がもたれる、食欲がないなど一時的な胃の症状は、多くの場合、暴飲暴食、過労、食中毒、薬の飲み過ぎなどが原因ですが、このような症状が繰り返し長く続くのが慢性胃炎です。ただし、症状だけでは胃ガンと慢性胃炎との区別ができないので、正確な診断を受ける必要があります。胃下垂症、胃アトニー、胃酸過多症、無酸症、胃拡張、胃神経症など、その時の状態によって診断名が付きます。また慢性胃・十二指腸潰瘍は、胃酸が原因で起こります。

温泉

温泉療養

潰瘍の再発を防ぐのと、過酸症に対する治療のために温泉は良いでしょう。出血後2~3カ月後くらいから良い。

回復期、浴中療養、神経性胃炎、胃神経症などは、心身症・ストレスと同様に対処します。

急性期(痛みの強いとき、出血後など)は温泉療養には向きません。

温泉地

海抜300~800mの閑静な森林で囲まれた温泉地が良いでしょう。飲用できる温泉のあるところも候補。

1000m以上の高地や海浜はあまり向きません。

入浴法

入浴は1日3回まで。胃下垂や胃アトニーなどは腹に掛け湯(50~100杯)。浴中は腹を膨らませたり凹ませたりの腹筋運動をすると良いでしょう。また胃が弱い人は飲泉がお勧め。食事中に25℃くらいの飲用温泉水をコップ半分(100ml)くらい、5~6回に分けて飲む方法などが良いでしょう。

泉質

過酸症と低酸症で異なりますが、塩化物泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉がお勧め。

40℃以上の高温浴は胃液の酸分泌を抑え、30℃以下の冷浴は酸の分泌を高めます。過酸症の方は温かい炭酸水素塩泉、低酸症の方は冷たい塩化物泉、酸性泉、二酸化炭素泉などの入浴と飲泉が良いでしょう。

食事

(性別・年齢・体重・生活スタイルがあると1日のエネルギー所要量が算出できます)

喫煙を控え節酒すること。まれにたんぱく質も控えるケースもあります。

空腹時の喫煙は絶対にやめてください。

食事の内容について事前相談ができる宿を探す

運動

(性別・年齢があると1日のおすすめ運動量が算出できます)

(性別・年齢・体重があると運動による消費カロリーの目安が算出できます)

外での運動(ウォーキングなど)をできるだけ行い、規則正しい生活習慣を身につけてください。

運動施設が利用できる宿を探す

環境

標高が1000m以上の高地は心身に刺激のある高山性環境となり、自然浴の健康への効果は増しますが、高齢者には負担が大きくなり過ぎることもあります。標高1000m(中高地)までの環境では日光浴、空気浴によって自律神経が調整されて、免疫力や体力が高まります。また、温暖な海洋性の環境での自然浴海辺散策など)もおすすめします。

日光は、骨の生成に必要な成分であるビタミンDを体内で作るときに必要になります。細菌やカビに対する殺菌効果もありますが、1日に必要なビタミンDをつくるには、顔や手への1日15分間程度の日光浴でも十分です。

【PR】

甲府 ビジネスホテル
湯村温泉

宿の最新情報

健康づくりの宿最新情報
女将ブログ、スタッフブログなど、登録宿のブログ情報! お得な情報や季節のお便り、イベントなど、最新情報をお楽しみ下さい。

サイト検索

温泉郷.com内 web全体

powered by goo

健康づくり大学

TO-JI 健康づくりの郷

健康づくりの郷 熊本県阿蘇市