よくある質問

質問7:胃腸の調子がよくないので、温泉で湯治をしようと考えています。どのように行えばいいでしょうか?

胃腸によいとされる温泉は、全国に数多くあります。特に、慢性の消化器疾患の場合は、入浴と飲用を併用するのが効果的です。

重曹泉の飲用は胃潰瘍にもよい

塩化物泉(食塩泉)は、飲用すれば胃液の分泌や胃腸の活動は盛んになります。そのため「胃腸の湯」として知られている温泉地も多いのですが、高血圧、心臓病、腎臓病などの持病がある場合は飲み過ぎに注意が必要です。

ナトリウム炭酸水素塩泉(重曹泉)は、飲むと胃酸が中和され、胃の活動が活発になります。胃酸分泌の少ない場合は、食後に少量冷たくして飲み、過酸症や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の場合は、食前に温かい状態で飲むと効果があります。

カルシウム炭酸水素塩泉は、慢性胃腸病に効きます。また、炭酸ガスの溶けている二酸化炭素泉(炭酸泉)は、飲むとサイダーのような感じがしますが、胃腸の運動を促進させるので、胃弱に有効です。

低酸性胃炎には酸性泉の飲用を

強い酸を含む酸性泉は、刺激が強いので病弱な人や高齢者には向きません。しかし、薄めて飲泉すると低酸、無酸性の胃炎に効果があります。

また、20℃くらいの冷泉に入ったり、冷泉のシャワーを浴びる冷水浴も、胃腸の働きを活発にする作用があります。ただし、急に冷水を浴びるのは体によくありませんし、血圧も上昇するので、実行するときにはくれぐれも慎重に。

月刊みんかつ 176号より

よくある質問に戻る


学んだ結果で
自分に合った検索しよう!

【PR】

甲府 ビジネスホテル
湯村温泉

宿の最新情報

健康づくりの宿最新情報
女将ブログ、スタッフブログなど、登録宿のブログ情報! お得な情報や季節のお便り、イベントなど、最新情報をお楽しみ下さい。

サイト検索

温泉郷.com内 web全体

powered by goo

TO-JI 健康づくりの郷

健康づくりの郷 熊本県阿蘇市

健康づくりの郷 新潟県新発田市

健康づくりの郷 山梨県北杜市

健康づくりの郷 北海道洞爺湖町