なぜ温泉はカラダに良いのか?

温泉にはリラックス効果、温熱効果(保温、体への刺激その他)などさまざまな健康増進作用があります。温泉の効能は、温泉水に含まれる化学成分(カルシウムイオンなど)の薬理作用によるものと、温熱や水圧・浮力といった物理的作用によるものに分けられます。その両者が総合的に体を刺激して、人間が本来持っている自然治癒能力を高めます。

その効果をより確実に得るには、まず自分の体調に合った温泉地を選び、散歩やハイキングのような「運動」を取り入れ、バランスのよい「食事」をとり、美しい風景などの「環境」に触れながら過ごすようにしてください。健康4要素を適切に組み合わせれば、自然治癒能力を効果的に刺激することができます。私たちはこの4つのポイントを踏まえた視点で、みなさまに温泉の良さを知っていただきたいと考えています。

山の温泉地

山のイメージ図

山の温泉地に滞在すると、気候による刺激で心臓や血管のトレーニングとなり、呼吸運動も活発になります。また皮膚は寒冷刺激を受けて血行がよくなり、栄養状態が改善され、気分が爽快になります。高度が300m~1000mぐらいの高原などでは、気候は穏やかで刺激は少なめ(本州中部くらいの場合)。一方、1000m以上の高原や山岳では、日射しや紫外線が強く刺激が強いので、ご高齢な方、皮膚の弱い方は注意が必要です。

海の温泉地

海のイメージ図

海辺や平地の湖畔にある温泉地は緊張感から解放され、静養するのによい環境です。一般的に夏は涼しく、冬は暖かいので一日の温度差は比較的少なく穏やかに過ごせます。新陳代謝や心肺機能も高まり、自律神経の安定化といった傾向が見られます。高齢者や高血圧、呼吸器系の弱い人に向いています。ただし北国の海岸などには刺激的な環境のところもあります。また海辺は湿気が多いので痛みを持つ人は注意が必要です。

森林の温泉地

森林のイメージ図

気温が温和で植物から放出される物質(フィトンチッドなど)が周辺の空気をきれいにしてくれます。自然の緑のよい香りが精神的に快適さを与えてくれます。ウォーキングなどの運動も無理なく行なえます。このような快適な環境の中で過ごす「森林浴」は健康にもよい影響を与えます。一般的にいって森林環境の温泉地では、年齢や体調を問わず過ごすことが出来ます。ただし花粉症や樹木性のアレルギー性疾患の方は注意が必要です。

なぜ温泉はカラダに良いのか?|禁忌症と飲泉・入浴時の注意点 ≫

温泉療養基礎知識に戻る


学んだ結果で
自分に合った検索しよう!

【PR】

甲府 ビジネスホテル
湯村温泉

宿の最新情報

健康づくりの宿最新情報
女将ブログ、スタッフブログなど、登録宿のブログ情報! お得な情報や季節のお便り、イベントなど、最新情報をお楽しみ下さい。

サイト検索

温泉郷.com内 web全体

powered by goo

TO-JI 健康づくりの郷

健康づくりの郷 熊本県阿蘇市

健康づくりの郷 新潟県新発田市

健康づくりの郷 山梨県北杜市

健康づくりの郷 北海道洞爺湖町