運動療法


運動療法について

運動には大きく分けて二つのタイプがあります。基礎代謝を促進する「レジスタンス運動」と、エネルギー代謝を促進する「有酸素運動」です。「レジスタンス運動」とはダンベル体操やストレッチ体操などの静的な運動のことを指し、基礎代謝(安静にしていても使用されるエネルギー量)を上げる運動です。この運動を前もって行うことによって筋肉が増え、有酸素運動の効率が上がるので、有酸素運動より優先度の高い運動なのです。一方、ウォーキングや水泳、サイクリングなどの動的な運動が有酸素運動です。体に蓄えられた脂肪は有酸素運動をした時に筋肉で燃焼されるため、筋肉が多いほど脂肪は多く燃えるのです。しかし有酸素運動では基礎代謝は上がらず、筋肉も増えないのです。

以上のことから、レジスタンス運動で筋肉をつけてから有酸素運動をしたほうが、エネルギーの消費量は飛躍的に高まるのです。温泉療法における浴槽内での運動は、このレジスタンス運動と同じ作用を持つものなのです。


効果的な運動方法

ハイキングのイメージ

一般的に効果がある運動療法の目安です。

運動の強さ 心拍数…100~120/分

  • 息が切れず、運動中にも会話が出来るペース
  • 運動中でも、周りの景色を楽しむ余裕がある強度
  • 30分以上、休憩を取らずに続けられる強度
  • 30分継続歩行し、軽く汗をかく程度

環境条件 暑さ、寒さに注意

  • 夏場の高温期は、気温27℃以下、湿度70%以下
  • 冬場の低温期は、気温5℃以上

服装 季節や天候に合わせる

  • 靴は、クッション性がよく、足幅、足のアーチに合ったもの
  • 服装は、保温性、通気性、吸水性があるもの
  • 冬季は、手袋、マスクなどを着用

運動時間帯

  • 空腹時は避け、食後1時間経過してから
  • 飲酒後は、避ける。入浴後は、1時間以上経ってから行なう

短期滞在型「運動療法」プログラム

転地効果による「精神安定」「気分安定」「睡眠不足解消」「美肌・美容」等の効果をより高めるには、「温泉療法」と並行して適度な運動を取り入れた「運動療法」が効果的です。運動すると血圧が上昇するのではないかと思われますが、適度な運動は降圧効果をもたらすのです。これは、運動すると血圧を降下させる物質が増えるからだといわれています。しかし高血圧の中・重症者、肥満、糖尿病、高脂血症、心疾患などの合併症の人が実施する際は、主治医との相談が必要です。


中・長期滞在型「運動療法」プログラム

中期(3泊~5泊)・長期(5泊以上)滞在温泉療養実践の場合、比較的長時間の運動プログラムを実践することが可能です。

  • 地域にある神社、仏閣への参拝
  • ハイキング
  • 市街地散策
  • 軽作業を取り入れる

  • 文字サイズ

    健康づくり大学とは?

    健康づくり大学:4つの療法

    健康づくり大学とは、地域の特徴を活かし、その地域ならではの、「温泉療養」「食事療法」「運動療法」「環境療法」の4療法を、学び、実践する講座です。


    RSS

    健康づくり大学では、最新情報をRSSでも配信しております。

    goo RSSリーダーへ追加
    goo RSSリーダーに追加

    Subscribe with livedoor Reader
    livedoor Readerに登録

    My Yahoo!に追加
    My Yahoo!に追加

    はてなRSSに追加
    はてなRSSに登録


    健康づくり大学日程

    1月
    月岡温泉キャンパス
    新潟県新発田市
    ※詳細が決まり次第公開致します。

    2月10日
    小浜キャンパス
    長崎県雲仙市

    3月
    神奈川県厚木市
    ※詳細が決まり次第公開致します。

    常設の「健康づくり大学 北アルプスキャンパス」の情報はこちらから >>>>


    特集!


    サイト検索

    温泉郷.com内
    web全体


    powered by goo