歯と健康 「一生涯、食生活を楽しむために」

「一生涯、食生活を楽しむために」 高柳篤史 

「一生涯、食生活を楽しむために」

幸手市高柳歯科医院
高柳篤史 先生

歯は健康の源。歯の健康を維持することは、毎日の食生活を楽しむために、とても大切です。そのためには、口内環境を意識した毎日のケアが重要です。口内環境を健康に保つためのお口ケアのコツをお伝えいたします

口内環境を整えましょう

歯の電子顕微鏡写真
歯垢の電子顕微鏡写真

口の中の歯垢には、なんと耳掻き1杯に10億の細菌がいるのです。

むし歯はこれらの細菌の中にいるむし歯菌が口の中に入ってきた糖から酸をつくり歯を溶かしてしまう病気です。


歯を失う原因
歯を失う原因
8020推進財団調べ(2005年)
口の中で細菌が増えると、口内環境が悪化して、むし歯や後で説明する歯周病を引き起こします。

また、口の中の細菌は、舌や粘膜などにも付着して、口のネバネバ感や口臭にもなっていきます。
歯を失う2大原因であるむし歯や歯周病を防ぐには、口内環境を整えることが大切です。

そこで、大切な働きをしているのが、1日に1リットルから1.5リットルも分泌される唾液です。

唾液にはいろいろな働きがあり、口内環境を良好に保つために働いています。


唾液の働き

  • 消化を助ける(消化作用)
  • 口の中の潤いを保ち粘膜を守る(粘膜保護作用)
  • 食べ物をとかし、味を感じやすくする(溶解作用)
  • 口の中を洗い流す(自浄作用)
  • 細菌の繁殖を押さえる(抗菌作用)
  • 酸を中和する(緩衝作用)
  • 歯を守る(再石灰化作用)

1日の細菌数の変化
1日の細菌数の変化

唾液は食事の時に多く分泌されますが、夜眠っている間はほとんど分泌されません。そのため、夜眠っている間に、口の中の細菌は最も多く増殖します。朝起きたときに、口の粘つきを感じる方も多いのもこのためです。

これを防ぐために、夜寝る前に、特に歯磨きをしっかり行いましょう。


歯磨き

歯磨きは、歯と歯の間や歯と歯肉の間など、唾液の作用が届きにくいところに歯ブラシの毛先が届くように、丁寧に歯磨きをすることが大切です。


フッ素入り歯磨きを有効に使いましょう

1グラムの歯磨き
1グラムの歯磨き
※ブラシの部分が2cmの歯ブラシの場合

歯周病などで歯肉がやせて、歯の根が少し見えてきている場合があります。
歯の根の部分はむし歯になりやすいので、特に注意が必要です。
また、歯を磨くときには、歯磨きが唾液で薄 まってしまう前に、むし歯になりやすい奥歯から磨くのも、むし歯を防ぐ秘訣です。
フッ素入り歯磨きを効果的に使うには、歯磨きがすぐに唾液で薄まらないように、歯磨きを1グラム以上使うといいでしょう。

歯周病を防ぎましょう

歯周病の具体的な症状

  1. 歯ブラシをすると歯ぐきから血が出る。
  2. 朝起きると、口の中がネバネバする。
  3. 歯にものがはさまる。
  4. 歯ぐきが腫れたり、痛んだりすることがある。
  5. 歯がグラグラして噛みにくい。
  6. 口臭が気になる。
  7. 歯が長くなった気がする。
  8. 冷たい水がしみる。

壮年期の約8割の人に歯肉のトラブルがあり、高齢期以降では、歯を失う最大の原因となっています。
歯周病は、歯と歯肉の境目から細菌が侵入して、歯を支える組織が壊される病気です。
そのため、歯と歯肉の境目を、特に丁寧に歯磨きをすることが大切です。

なお、歯周病は自覚症状のないまま進行することもあるので、歯科医院で定期的に歯の状態をチェックしてもらい、歯石などの汚れをクリーニングしてもらうとよいでしょう。

歯のケアをしっかり行って、生涯、健康な歯を保ち、食生活を楽しみましょう。

 

2007年11月24日健康づくり大学 厚木キャンパスレポートに戻る >>>>


文字サイズ

健康づくり大学とは?

健康づくり大学:4つの療法

健康づくり大学とは、地域の特徴を活かし、その地域ならではの、「温泉療養」「食事療法」「運動療法」「環境療法」の4療法を、学び、実践する講座です。


RSS

健康づくり大学では、最新情報をRSSでも配信しております。

goo RSSリーダーへ追加
goo RSSリーダーに追加

Subscribe with livedoor Reader
livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加
My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加
はてなRSSに登録


健康づくり大学日程

1月
月岡温泉キャンパス
新潟県新発田市
※詳細が決まり次第公開致します。

2月10日
小浜キャンパス
長崎県雲仙市

3月
神奈川県厚木市
※詳細が決まり次第公開致します。

常設の「健康づくり大学 北アルプスキャンパス」の情報はこちらから >>>>


特集!


サイト検索

温泉郷.com内
web全体


powered by goo