草津キャンパスレポート

同志社大学 アンチエイジングリサーチセンター 高橋洋子先生草津キャンパスレポート
「目をいたわって健康な毎日を」

同志社大学 アンチエイジングリサーチセンター
高橋洋子先生



草津キャンパスレポート 「目をいたわって健康な毎日を」

歳をとると、目も、体の老化の一つとして近くや細かいものが見えづらく、不便を感じることが多くなってきます。若い人も、一日中パソコンを使った夕方や、一週間働いた金曜日には、目のピント調節力が低下し「夕方老眼」「週末老眼」と呼べるような状態になっていることがわかってきました。 

こんなときには目をいたわることが大切で、目を温めながら休めるのが効果的です。蒸しタオルを使うのも、 生活の中で簡単にできて良い方法です。温かい蒸気で目を温めると、老化しかかった目の機能を元気にする効果があります。

またおやすみの前だと気持ちがよく、心身ともにリラックスできるので、ぐっすり眠れるようです。

さあ、目を温めて、若々しく健康に毎日を過ごしましょう。


草津キャンパスレポート 目をいたわって健康な毎日を 【データ編】

『近くが見えにくい』『ものがかすむ・ぼやける』

調整力の年代変化
出典:「図説からだの事典(朝倉書店 1998年刊)

近方がどの位まで見えるかという近方調節力は、年齢とともに低下し(図1)、40代以降は3D (ジオブトリー ※)以下となり、老眼の領域になってきます。

この近方調節力は加齢によるだけでなく、目を酷使する若い人の場合でも、朝に比べ夕方になると、また月曜日に比べ週末には調節力が低下し(図2)、「夕方老眼」や「週末老眼」と呼ぶ状態になります。

※ジオブトリーDは近方調節力の単位。測定した近点距離(cm)で 100cmを割った値で表します。

※VDT作業:コンピューター作業

VDT作業による調整力の低下
※画像をクリックすると大きな画像でご覧頂けます。

ピント合わせには筋肉の働きが大切

内眼筋

視力は、毛様体筋による水晶体のピント合わせ、眼球そのものを動かす外眼筋、光量を調節する虹彩による絞りの3つの働きによって、調節されています。(図3,4)

毎日働き続けた眼の筋肉は疲労し、十分な働きができない状態になっています。

外眼筋
※画像をクリックすると大きな画像でご覧頂けます。

2007/10/01 健康づくり大学 草津キャンパスレポートに戻る >>>>


文字サイズ

健康づくり大学とは?

健康づくり大学:4つの療法

健康づくり大学とは、地域の特徴を活かし、その地域ならではの、「温泉療養」「食事療法」「運動療法」「環境療法」の4療法を、学び、実践する講座です。


RSS

健康づくり大学では、最新情報をRSSでも配信しております。

goo RSSリーダーへ追加
goo RSSリーダーに追加

Subscribe with livedoor Reader
livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加
My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加
はてなRSSに登録


健康づくり大学日程

1月
月岡温泉キャンパス
新潟県新発田市
※詳細が決まり次第公開致します。

2月10日
小浜キャンパス
長崎県雲仙市

3月
神奈川県厚木市
※詳細が決まり次第公開致します。

常設の「健康づくり大学 北アルプスキャンパス」の情報はこちらから >>>>


特集!


サイト検索

温泉郷.com内
web全体


powered by goo