キャンパスレポート:「タオルでバンザイ」簡単エクササイズ

「タオルでバンザイ」簡単エクササイズ会場:草津町保健センター
講師:原田あつ子先生(フリーダムネットワーク社)

いよいよ最後の授業となった「タオルでバンザイ」簡単エクササイズ。講師にお招きしたのは地元群馬県のテレビなどに出演し大活躍の原田あつ子先生。スタイル抜群で元気いっぱいの原田先生ですが、トークも楽しく笑いが絶えません。先生のお話では特に息を「吐く」ことが大切だそうです。どんなにいい体操をしていても力んで呼吸が止まっていては台無し。とにかく呼吸を止めずに「吐く」ことです。そして吐ききることを十分に意識しましょう。吐く呼吸は、体の隅々に血液を送り込む作業です。深く吐けば深く酸素が入ります。『深く細く長く吐く』が身につくと、みごとに体脂肪率が下がります。


「タオルでバンザイ」簡単エクササイズまた面白かったのは、顔は体を表したもので、繋がっているというお話です。例えば、目は胸であり、鼻はお腹という感じです。お腹(=内臓)が冷えると鼻がぐずぐずしてきます。確かに繋がっていますね!内臓は健康を握る重要な部位とのこと。親指を内側に入れた形で握りこぶしを造り、内臓を叩くと体が温まり、寒かった会場が最後は窓を開けるほどになりました。先生曰く「自動発電機」とのことでした(笑)。そしていよいよタオルエクササイズ。タオル一本とたたみ一畳分のスペースがあれば、どこでも出来る運動です。

メタボ体型を解消するには、胸郭を上げることがポイントで、胸郭を上げると、骨盤が締まり、頭蓋骨が締まり、脳の血行が良くなって食欲も正常になるそうです。

ここでひとつのバンザイエクササイズの一つをご紹介しましょう。


「タオルでバンザイ」簡単エクササイズまず、右足を一歩前に出した状態で一本のタオルを両手で持ちバンザイポーズをします。そして息を吸いながら、右足の膝を曲げて体重をかけ、z腕を後ろに回し、息を吸いきったら、限界のところで息を吐ききります。肩のラインまで、腕が回せると理想的ですが、力任せで頑張り過ぎないことが大切です。そして、また息を吸いながら腕を前に回し、スタートのバンザイポーズを通過して肩のラインにまで腕を前にもってきて息を吐ききる、という動作を10回繰り返しましょう。

さあ、いかがでしたか?このエクササイズを毎日行うだけできっと体に良い変化が訪れるでしょう。今日から始めてみてはいかがでしょうか?!


文字サイズ

健康づくり大学とは?

健康づくり大学:4つの療法

健康づくり大学とは、地域の特徴を活かし、その地域ならではの、「温泉療養」「食事療法」「運動療法」「環境療法」の4療法を、学び、実践する講座です。


RSS

健康づくり大学では、最新情報をRSSでも配信しております。

goo RSSリーダーへ追加
goo RSSリーダーに追加

Subscribe with livedoor Reader
livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加
My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加
はてなRSSに登録


健康づくり大学日程

1月
月岡温泉キャンパス
新潟県新発田市
※詳細が決まり次第公開致します。

2月10日
小浜キャンパス
長崎県雲仙市

3月
神奈川県厚木市
※詳細が決まり次第公開致します。

常設の「健康づくり大学 北アルプスキャンパス」の情報はこちらから >>>>


特集!


サイト検索

温泉郷.com内
web全体


powered by goo