新潟県新発田市

第8回 新発田市 紫雲の郷キャンパス

2009年6月30日健康づくり大学 紫雲の郷キャンパス

第8回目の新発田市「紫雲の郷キャンパス」は、第七回目の月岡温泉キャンパスでマッサージと軽運動の講座をしていただき大好評を得た、新潟大学 非常勤講師 篠田 浩子 先生をお招きして、『自分でつくるMY健康・運動プログラムセミナー』を開催いたします!

気になる詳細はこちら >>>>

月岡温泉 美肌美身キャンパス

2009年4月15日健康づくり大学 月岡温泉 美肌美身キャンパス

春うららかなこの季節、寒さで腰がおもくなっていた紳士淑女の皆様も、桜咲く月岡温泉キャンパスで心も体も解放し仲間と一緒に健康づくりしてみてはいかがでしょう!

気になる詳細はこちら >>>>

紫雲の郷キャンパス

2008年11月12日健康づくり大学 紫雲の郷キャンパス

新発田市の誇る「県立紫雲寺記念公園」内の温水プールで、アクアビクス(水中運動)、温泉入浴法と実践を体験。水中運動で普段なかなか使わない筋肉を鍛え、効果的な温泉入浴法を学びます。

気になる詳細はこちら >>>>

月岡キャンパス

2008年6月28日健康づくり大学 月岡温泉キャンパス開校

月岡温泉の湯は、硫黄成分の作用で、入浴すると肌がツルツルになります。
硫化水素が血管を拡張し、身体が芯から温まります。「もっと美人になれる温泉」「不老長寿の湯」として知られています。

気になる詳細はこちら >>>>

2008年2月6日健康づくり大学 月岡温泉キャンパス開校

月岡温泉の温泉質名は「食塩含有硫化水素泉」といい、浅い緑色で硫黄臭の強いお湯です。
硫化水素の成分の漂白作用で、お肌を白くする事から「美人の湯」として古くから親しまれてきました

気になる詳細はこちら >>>>


新発田市最新情報!

2007年12月4日: 地元産品を全国にPR -アサヒビール(株)と地域支援-
「健康づくり大学」の食事療法として、地元産品を活用 民間活力開発機構が展開するネットワーク事業「健康づくり大学」の「食」分野において、民活機構のサポート企業であるアサヒビールと新発田市産業振興部と共同で・・・・

続きを読む >>>>



新発田市の健康素材

温泉療法食事療法運動療法環境療法

月岡・紫雲寺温泉における温泉療法

月岡・紫雲寺温泉
月岡温泉の温泉成分分析表
温泉成分分析表

月岡・紫雲寺温泉郷には、ナトリウムイオン、塩素イオンを多く含む温泉が多い。また、弱アルカリ性の性質を持っている。

各温泉地の温泉成分分析表を基に、源泉の特徴と利用法についてまとめると以下のようになります。


月岡温泉

泉温50.7℃、pH7.5の弱アルカリ性温泉

食塩泉の効果により、よく温まります。他に重曹泉、硫酸塩泉の効果もあります。

月岡温泉は大正五年、石油掘削に際して良質の源泉が涌出、そこに建てられた湯小屋(共同浴場)が始まりとされています。 温泉療養の効果が評判となり湯治客が年々増加し、戦争中は疎開児童の宿や新発田部隊の療養所としても利用されました。

その後発展を遂げ、今では旅館24軒、収容4千400人の一大温泉地となり、全国的にも有名な観光地として年間約70万人が訪れます。

紫雲寺温泉

泉温51.7℃、pH7.7の弱アルカリ性

強食塩泉であるので、保温効果が高いです。また、重曹泉の性質を持っており肌が滑らかになります。

日本海に面した約80haの県立紫雲寺記念公園内にある温泉とスポーツの健康増進施設で、温泉のほかに県立の屋内運動施設としてプール、体育館・会議室、屋外運動施設として多目的運動広場、テニスコートなどがあります。

また、藤塚浜沿いには海水浴場とオートキャンプ場があり、夏のシーズンには4万人の海水浴客が訪れ、8月には会場花火大会が開催されます。

紫雲の郷は、地下1300メートルから湧き出た深層湯温泉で、大風呂をはじめジェットバス、サウナ風呂,露天風呂場があります。また、休憩、宿泊施設や飲食施設も併設されています。

温泉地 泉質 入浴効果 飲泉効果
月岡温泉 含硫黄―ナトリウム―塩化物温泉 腰痛、神経痛、関節痛、四十肩や五十肩、冷え性の改善 貧血症、慢性消化器疾患、慢性便秘症の改善
紫雲寺温泉 ナトリウム―塩化物強塩温泉 腰痛、神経痛、関節痛、四十肩や五十肩、冷え性、慢性消化器疾患の改善 貧血症、慢性消化器疾患、慢性便秘症、胆石、肝疾患の改善

注意事項

紫雲の郷
紫雲の郷

禁忌症として、高度の貧血および妊娠中が挙げられますが、42℃未満であれば入浴してもかまわないません。禁忌症については、現在学会でも見直し中です。ぎっくり腰や打撲について初期は冷やしたほうがよいとされています。 やけどや切り傷についても初期は入浴しないほうがよい場合があります。

飲泉に関して、紫雲寺温泉はヨウ素イオンを含んでいるため、甲状腺機能亢進症は禁忌です。飲泉についての禁忌症は守りましょう。また月岡・紫雲寺温泉郷は、弱アルカリ性の温泉であるため、浴後に肌が乾燥しやすいので、女性など乾燥肌の人は乳液などでのスキンケアを忘れずに。



補足:泉質別の効能と留意点

食塩泉
高齢者向きでよく温まる熱の湯。筋・関節痛、打撲、ねんざ、冷え性、慢性婦人疾患、月経障害、不妊症、病後回復によい。入浴と飲泉で貧血症、慢性消化器疾患、慢性便秘症によい。

重曹泉
肌が滑らかになる冷の湯。浴後清涼感がある。入浴と飲泉で痛風、糖尿病、肝疾患、胆石、慢性胆のう炎、慢性消化器疾患によい。筋・関節痛、打撲、切り傷、慢性皮膚疾患などにもよい。ただし、高血圧症、腎疾患、むくみのある人は多量に飲まないほうがよい。

硫酸塩泉
動脈硬化症の予防になる中風の湯。高血圧症、動脈硬化症、外傷によく、入浴と飲泉で胆石、便秘症、糖尿病、痛風によい。

月岡・紫雲寺温泉における入浴法と期待される効果

1.ストレス解消 ぬるめの湯で長湯をする
2.肥満予防 数分の高温浴を2~3回繰り返す
3.慢性消化器病 飲泉と入浴
4.動脈硬化・高血圧 ぬるめの湯で長湯をする
5.慢性婦人病 熱い湯で5分、ぬるめの湯なら15分
6.腰痛・四十肩 ぬるめの湯で軽く患部を動かす
7.神経・筋肉・関節痛 ぬるめの湯で長湯をする

先頭に戻る >>>>


月岡・紫雲寺温泉における食事療法

月岡・紫雲寺温泉の地場産品

和菓子

かつての城下町新発田は、歴代藩主が茶道に力を入れ、街の人々の間でも茶道が盛んであったことから和菓子づくりの伝統が育まれ、 市内には数多くの和菓子店が建ち並び、今も技を競い合って新しい作品づくりに取り組んでおり、数々の銘菓が人気を集めています。 また、月岡温泉には各店とも工夫を凝らした名物の月岡饅頭があります。

また、米どころ新潟として越後杜氏の技で育まれた新発田の地酒をはじめ、各種の農産物を活かした加工食品がつくられ、 近年は、紫雲寺産大豆を使用した豆腐、紫米のアイスクリーム、いちごの越後姫、しうんじパイオニアポークをはじめ、 五穀やそば、豆や果物、味噌や漬物などの健康食材や食品づくりも盛んになっています。

新発田市では、「健康しばた21 めざせ100彩」を展開しており、紫雲の郷の近くにある健康プラザしうんじには、 栄養指導相談室と調理実習室及び運動指導相談室、健康増進スタジオがあり、生涯を通じた健康づくり運動を展開しています。

新発田市では、公民館婦人ボランティア講座で各地区の「しばたの伝承料理」の聞き取り調査を行い、 のっぺ(各種の野菜の混煮物)ややろうもち(くるみ味噌を串にまいたもちにつけ火であぶる)をはじめ様々な伝承料理のレシピを作成しています。

参照:健康しばた21 めざせ100彩
http://www.city.shibata.niigata.jp/index/npo_sien/npo_sien_02.htm

新発田市推薦特産品一覧
品名 規格 価格
 1.三色粕漬け(鮭、筋子、たらこ) 1樽 6,000円
 2.まるふじ味噌 1kg 590円
 3.奈良漬 450g 1,000円
 4.笹団子 60g 100円
 5.越後北の豆腐 300g 118円
 6.エンレイ豆腐 600g 250円
 7.心くば里 320g 1,500円
 8.竹豆富 1個 300円
 9.柿大将 120g×3玉 900円
10.くるみどうふ 120g 250円
11.数の子ダイヤ漬 1.5kg 2,520円
12.安兵衛 750g 2,300円
13.あやめ大福 6個 550円
14.麩まんじゅう 5個 800円
15.無花美羹 390g 750円
16.金魚台輪もなか 60g×10 1,700円
17.雪椿ミニ座布団 1枚 1,200円
18.ゴマまんじゅう 42g 85円
19.ジャムセット 90g×3 1,000円
20.雪国人形(大) 1個 300円
21.新発田味巡り 10枚 700円
22.藍染しおり 1枚 250~500円


新発田の「健康素材」

新発田の健康食材「アスパラ」特集!
アスパラの知識、家庭で出来る美味しいアスパラの調理法、地元新発田で堪能できる地元ならではのアスパラ料理を紹介します!

先頭に戻る >>>>


新発田市の運動資源

県立紫雲寺記念公園内の健康増進施設

運動施設

県立紫雲寺記念公園内には、健康増進施設として屋内、屋外の運動施設が充実しています。 また、公園内にはさえずりの路、しおさいの路、トリム森の路、探鳥の路のウォーキングと散策のコースが整備され、健康づくりウォーキングマップがつくられています。


五十公野(いじみの)公園一帯

五十公野公園の一帯には、陸上競技場を中心に総合的な運動施設が整備され、その中にある屋内運動施設のサン・ビレッジしばたには大小のアリーナやランニングレーン、 トレーニングルームなどが充実しており、年間約6万人(平成16年度)の利用者が運動や健康増進に取り組んでいます。

また、公園内には、白鳥の飛来する升潟やあやめ園、散策路、旧県知事公舎記念館等の歴史文化遺産があり、近くには日帰り温泉あやめの湯があります。

月岡カリオンパーク

月岡温泉に隣接する丘陵地に広がる月岡カリオンパークには、カリオンタワーをはじめイベント広場、四季の森、森の回廊コース、刀剣伝承館や体験のできるガラス工房などがあります。

赤谷線・歴史探勝の道

新発田駅の近くから旧国鉄赤谷線の廃線敷に沿って全長12.3kmの赤谷線・歴史探勝の道があります。 全体は、健康づくりの道ゾーン、田園の道ゾーン、山の辺の道ゾーンで構成され、サイクリングやウォーキング、ジョギングのコースとなっています。

荒川、剣龍峡登山道

月岡温泉から車で約15分の距離に位置する、新しく開かれた荒川、剣龍峡登山道は、一周約6km、標高630m、 所要時間約4時間(休憩を含め5時間)の一般者向けの登山コースです。名勝剣龍峡には、春から夏の新緑、秋の紅葉とシーズンには多くのハイカーで賑わいます。


「運動療法」プログラム

月岡・紫雲寺温泉郷における「運動療法」は、両温泉地及び市街地のウォーキングや「紫雲の郷温水プール」での水中運動による基礎体力の向上が期待できます。 月岡温泉の場合はのどかな田園風景の中を、市街地では歩道を歩く形となります。 紫雲の郷では、園内に専用のウォーキングコースや野鳥を観察しながらの散策路も整っており、グリーンシーズンには、季節ごとの表情を楽しみながらの森林浴ウォーキングが良いでしょう。 また日本海に面した藤塚浜に程近く、浜辺を利用したサンドウォーキングも可能です。

新発田市街周遊コース

コース紹介

(体重50kgの場合)
コース 距離 高低差 エネルギー消費量
新発田駅→新発田城跡
約1840m
約±0m
46kcal
新発田城跡→新発田駅
約1670m
約±0m
42kcal
総計
約3510m
±0m
88kcal

藤塚浜コース

コース紹介

(体重50kgの場合)
コース 距離 高低差 エネルギー消費量
紫雲の郷→折り返し
約1670m
約-8m
42kcal
折り返し→紫雲の郷
約1670m
約8m
45kcal
総計
約3340m
±0m
87kcal

月岡温泉周遊コース

コース紹介


(体重50kgの場合)
コース 距離 高低差 エネルギー消費量
ホテル泉慶→カリオンパーク
約960m
約±0m
24kcal
カリオンパーク→ホテル泉慶
約2020m
約±0m
50kcal
総計
約2980m
±0m
74 kcal

先頭に戻る >>>>


新発田市の環境資源

文化施設、自然環境

三階櫓
三階櫓

新発田市のシンボル的存在として新発田城(別名:あやめ城)三階櫓があります。 市街地には黒塀が続く寺町通りがあり、その先に純京都風庭園の清水園、国重要文化財の足軽長屋があります。 中心部には、新発田出身の画家・作家の蕗谷虹児の作品を展示している蕗谷虹児記念館があります。 月岡温泉周辺には、明治初期の豪農・市島邸の大邸宅と回遊式庭園や刀匠天田昭次作の銘刀を展示しているカリオン文化館があるなど、新発田市には、充実した文化施設が多いのが特長です。

一方、自然環境は、日本で最も小さい山脈「櫛形山脈」があり、その中の大峰山(標高399.5m)は、ヤマザクラの名所として有名で、橡平サクラ樹林は、国の天然記念物に指定されており、 1,000本を超えるヤマザクラの群生は見事である。紫雲寺温泉周辺は、海水浴場として人気のある藤塚浜の海岸が広がっています。 日本海の海風を浴びながらの海洋浴に最適の地で、遠くに見える風力発電施設がランドマークとなっています。

紫雲寺温泉(藤塚浜)における海洋療法

藤塚浜海岸
藤塚浜海岸

海の恵みを活用して健康づくりを行う海洋療法(タラソテラピー※)は、海辺での大気浴、浜辺の散策、海の中での波浪浴など、 海水・大気・気候などの素材を組み合せた健康づくり手法で、新陳代謝を活発にし、心肺機能を高める効果があります。

※タラソテラピー
タラサはギリシャ語で「海から」、テラピーはフランス語で「治療」を意味しています。 海水、海底の泥や砂、海藻などを健康増進、美容、治療に活用することを指します。 現在の日本における意味合い(海藻パックや泥パックなどの美容要素)とは異なります。



新発田市における環境資源

海と田園と山

新発田市には、紫雲の郷のある県立紫雲寺記念公園などのある日本海側、その南に広がる田園地帯と市内を流れる桜堤の美しい加治川、 南から東にかけて取り巻く自然の豊かな丘陵や山々と、変化に富んだ自然環境に恵まれています。

城下町新発田の歴史文化遺産

お堀

新発田市は、慶長3年(1598)、新発田氏にかわり溝口秀勝が6万石で入封し、明治4年(1871)までの274年間新発田藩溝口氏10万石の本拠地であった城下町です。

街の中心部に位置する新発田城は、明治はじめの城郭破却令により建物のほとんどが取り壊され、かろうじて残った表門と旧二の丸隅櫓は国重要文化財に指定されていま。 実質的天守閣であった三階櫓の復元は、市民の長年の夢であったが、溝口秀勝候入封400年記念事業として平成16年6月に三階櫓と辰巳櫓の復元工事が完成しました。 三階櫓は3匹の鯱を配する特異なもので、復元は史実に基づく伝統木造工法を用いて行われました。 また、この他にも足軽長屋(国重要文化財)や溝口家の下屋敷として造られた清水園(国指定名勝)などの歴史文化遺産が点在しています。

蕗谷虹児記念館

新発田出身の蕗谷虹児(1898~1979)は、日本画家をめざして上京し、竹久夢二の紹介で「少女画報」に挿絵を描くようになると瞬く間に人気作家となりました。 パリ留学後は前にも増して雑誌の仕事を多数手懸け、人気の絶頂期を迎えました。 戦争が始まると童話や絵本の挿絵を描くようになり、アンデルセン童話や「人魚姫」、「かぐや姫」などの代表作を残し、晩年は個展を中心に作品を発表し、その可憐な少女像は多くの人に愛されてきました。

新発田市の主な祭り・イベント

開催月 祭り・イベント名 摘要
 4月
・新発田の春まつり
・加治川桜まつり
・菅谷不動尊柴燈護摩
・上旬~下旬
・上旬~下旬
・28日
 5月
・越佐招魂祭
・二王子岳山開き
・3~4日
・最終日曜日
 6月
・豊田神社まつり
・海開き
・岡田法音寺大日堂火渡り修行
・あやめまつり
・13日
・第3または第4金曜日
・第3日曜または第4日曜
・6月中旬~7月上旬
 7月
・天王祭 ・4~5日
 8月
・月岡温泉「月の夏まつり」
・花市
・海上花火&シーサイドよさこい
・城下町新発田ふるさとまつり
・上旬
・11、12日
・12日
・27~29日
 9月
・新発田豊年秋祭り ・下旬
10月
   
11月
・全国観光みやげ品展示即売会
・城下町新発田大菊花祭
・上旬
・上旬~中旬
12月
・義士祭 ・14日
 1月
   
 2月
・菅谷不動尊千日詣り、節分会
・赤谷どんづきまつり
・千光寺千手観音御開扉
・月岡温泉どんど祭り
・3日
・第3土曜日
・17日
・22日
 3月
・大友稲荷初午祭 ・上旬日曜日

先頭に戻る >>>>


文字サイズ

健康づくり大学とは?

健康づくり大学:4つの療法

健康づくり大学とは、地域の特徴を活かし、その地域ならではの、「温泉療養」「食事療法」「運動療法」「環境療法」の4療法を、学び、実践する講座です。


RSS

健康づくり大学では、最新情報をRSSでも配信しております。

goo RSSリーダーへ追加
goo RSSリーダーに追加

Subscribe with livedoor Reader
livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加
My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加
はてなRSSに登録


健康づくり大学日程

1月
月岡温泉キャンパス
新潟県新発田市
※詳細が決まり次第公開致します。

2月10日
小浜キャンパス
長崎県雲仙市

3月
神奈川県厚木市
※詳細が決まり次第公開致します。

常設の「健康づくり大学 北アルプスキャンパス」の情報はこちらから >>>>


特集!


サイト検索

温泉郷.com内
web全体


powered by goo