健康づくりプログラム
石和温泉における温泉療法

滞在プログラム|温泉療法|食事療法運動療法環境療法

温泉の特色

クアハウス石和

石和温泉の温泉成分分析表
温泉成分分析表

石和温泉は、弱アルカリ性からアルカリ性の単純温泉が多い。刺激が弱いため、老若男女誰にでも向く温泉です。

各温泉地の温泉成分分析表を基に、源泉の特徴と利用法についてまとめると以下のようになります。

石和温泉

pH8.0~8.8のアルカリ性単純泉
蒸発物が1kgあたり1,000mg未満のため単純泉です。 この温泉の特長は刺激が少ないことです。そのため、老若男女のどの層の人にも向く温泉といえるでしょう。 アルカリ性のため飲泉が可能であるならば高尿酸血症(痛風)に有効です。 浴用は、一般適応症と同じ神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性などに有効です。

ナトリウムイオンと炭酸水素イオンなどを多く含む場合は、重曹泉の性質もあるため、尿酸の高い人、痛風の人には有効です。 ただし、血圧の高い人は1日に300ml以上飲まないほうがよいでしょう。 高尿酸血症の人、腎臓の悪い人、むくみのある人も同じです。

重曹泉の特長は、入浴により肌がなめらかになり、痒みが抑えられ肌荒れに有効です。 ナトリウムイオンと硫酸イオンなどを多く含む場合は、芒硝泉の性質も持ちます。 芒硝泉の特徴は、降圧作用があり高血圧の人に良いでしょう。

入浴効果

慢性皮膚病、腰痛、神経痛、関節痛、四十肩や五十肩、冷え性の改善、降圧作用

飲泉効果

痛風の改善

注意事項

石和温泉は、弱アルカリ性―アルカリ性の温泉であるため、浴後に肌が乾燥しやすので、女性など乾燥肌の人は乳液などでのスキンケアを忘れずに。

石和温泉における入浴法と期待される効果

1.ストレス解消ぬるめの湯で長湯をする
2.肥満予防数分の高温浴を2~3回繰り返す
3.慢性消化器病飲泉と入浴
4.動脈硬化・高血圧ぬるめの湯で長湯をする
5.慢性婦人病熱い湯で5分、ぬるめの湯なら15分
6.腰痛・四十肩ぬるめの湯で軽く患部を動かす
7.神経・筋肉・関節痛ぬるめの湯で長湯をする

温泉施設

みさかの湯
みさかの湯

石和温泉には公共温泉施設や足湯があるので、利用するのも良いでしょう。


参照:笛吹市 温泉施設
http://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/kanko/shisetsu.php?cat_id=3

クアハウスを利用した温泉療法

石和温泉周辺には、温泉病院やクアハウスが5カ所あります。いずれも、合併前の町村に1カ所づつ整備されていたものです。 この施設を上手に使うと、より効果的な温泉療法が行えるでしょう。

箱蒸し
箱蒸し
かぶり湯
かぶり湯(低温・中温)
吸入浴
吸入浴
噴出浴
噴出浴

この他にトゴール湯、うたせ湯、歩行浴、ボディシャワー、寝湯、全身浴・部分浴、運動浴、気泡浴、圧注浴などがあります。

滞在プログラム|温泉療法|食事療法運動療法環境療法


【PR】

甲府 ビジネスホテル
湯村温泉

宿の最新情報

健康づくりの宿最新情報
女将ブログ、スタッフブログなど、登録宿のブログ情報! お得な情報や季節のお便り、イベントなど、最新情報をお楽しみ下さい。

サイト検索

温泉郷.com内 web全体

powered by goo

TO-JI 健康づくりの郷

健康づくりの郷 熊本県阿蘇市

健康づくりの郷 新潟県新発田市

健康づくりの郷 山梨県北杜市

健康づくりの郷 北海道洞爺湖町