健康づくりプログラム
北信州いいやま温泉郷における温泉療法

滞在プログラム|温泉療法|食事療法運動療法環境療法

温泉の特色

北信州いいやま温泉郷 位置口の写真

北信州いいやま温泉郷の温泉成分分析表
いいやま湯滝温泉の
温泉成分分析表

北信州いいやま温泉郷には4つの温泉地があり、弱アルカリ性とアルカリ性温泉で構成されています。

各温泉地の温泉成分分析表を基に、源泉の特徴と利用法についてまとめると以下のようになります。

斑尾高原温泉

泉温33.1℃、pH.9.1、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
塩化物泉とは塩分を多く含む湯で、皮膚に付着した塩分が汗の蒸発を防ぐため、保温効果が高く、湯冷めしにくい事から「熱の湯」と呼ばれています。

戸狩温泉(暁の湯)

泉温34.0℃、pH8.3、弱アルカリ性単純温泉
刺激の弱い温泉で老若男女に向きます。メタけい酸が豊富な為、皮膚の代謝促進、保湿効果があり身体に優しい柔らかな湯です。

戸狩温泉(望の湯)

泉温29.8℃、pH8.9、アルカリ性単純温泉
重曹泉の作用があり、アルカリ性の石けんのような性質の温泉のため入浴後、肌がなめらかになる効果があります。

いいやま湯滝温泉

泉温35.9℃、pH8.4の弱アルカリ性単純温泉。
食塩泉と重曹泉の作用があり、肌がツルツルになる効果が有ります。低刺激の温泉なので安心して入浴することが出来ます

いいやま北竜温泉

泉温26.9℃、pH7.7の弱アルカリ性単純温泉。
芒硝泉(ナトリウム硫酸塩泉)の作用があり、血管拡張効果、保温効果が有り、ポカポカと良くあたたまる温泉です。刺激は弱く、年齢を問わず楽しめます。

温泉地泉質入浴効果飲泉効果
斑尾高原温泉ナトリウム・カルシウム―塩化物温泉慢性皮膚病の改善、鎮静作用、痛み、痒みの改善痛風の改善、カルシウムの摂取
戸狩温泉単純温泉腰痛、神経痛、関節痛、四十肩や五十肩、冷え性、鎮静作用、痛み、痒みの改善痛風の改善
いいやま湯滝温泉単純温泉腰痛、神経痛、関節痛、四十肩や五十肩、冷え性の改善、四十肩や五十肩、冷え性痛風の改善、慢性消化器疾患の改善
いいやま北竜温泉単純温泉腰痛、神経痛、関節痛、痛風の改善

注意事項

信州いいやま温泉郷 お風呂写真

北信州いいやま温泉郷はアルカリ泉のため皮膚の弱い人の場合には刺激が強いかもしれません。 通常、温泉入浴後は上がり湯を掛けず、タオルで水分を拭き取るのが良いのですが、 北信州いいやま温泉の場合は体調により上がり湯を掛け温泉成分を流し落とす方が良いでしょう。 また、湯上り後には乳液等を使用し、皮膚の保護を忘れないように。

補足:泉質別の効能と留意点

食塩泉
高齢者向きでよく温まる熱の湯。筋・関節痛、打撲、ねんざ、冷え性、慢性婦人疾患、月経障害、不妊症、病後回復に良い。入浴と飲泉で貧血症、慢性消化器疾患、慢性便秘症に良い。
重曹泉
肌が滑らかになる冷の湯。浴後清涼感がある。入浴と飲泉で痛風、糖尿病、肝疾患、胆石、慢性胆のう炎、慢性消化器疾患によい。筋・関節痛、打撲、切り傷、慢性皮膚疾患などにも良い。高血圧症、腎疾患、むくみのある人は多量の飲泉を控える。
石膏泉
入浴と飲泉で高血圧症、動脈硬化症、糖尿病、慢性皮膚疾患、打撲、ねんざ、筋・関節痛によい。飲泉可能であればカルシウムを摂取することができる。
芒硝泉
動脈硬化症の予防になる中風の湯。芒硝泉は高血圧症、動脈硬化症、外傷によく、入浴と飲泉で胆石、便秘症、糖尿病、痛風に良い。

北信州いいやま温泉郷における入浴法と期待される効果

1.ストレス解消ぬるめの湯で長湯をする
2.肥満予防数分の高温浴を2~3回繰り返す
3.慢性消化器病飲泉と入浴
4.動脈硬化・高血圧ぬるめの湯で長湯をする
5.慢性婦人病熱い湯で5分、ぬるめの湯なら15分
6.腰痛・四十肩ぬるめの湯で軽く患部を動かす
7.神経・筋肉・関節痛ぬるめの湯で長湯をする

滞在プログラム|温泉療法|食事療法運動療法環境療法


【PR】

甲府 ビジネスホテル
湯村温泉

宿の最新情報

健康づくりの宿最新情報
女将ブログ、スタッフブログなど、登録宿のブログ情報! お得な情報や季節のお便り、イベントなど、最新情報をお楽しみ下さい。

サイト検索

温泉郷.com内 web全体

powered by goo

TO-JI 健康づくりの郷

健康づくりの郷 熊本県阿蘇市

健康づくりの郷 新潟県新発田市

健康づくりの郷 山梨県北杜市

健康づくりの郷 北海道洞爺湖町