健康づくりプログラム
湯田温泉峡における温泉療法

滞在プログラム|温泉療法|食事療法運動療法環境療法

温泉の特色

砂ゆっこ
砂ゆっこ

温泉成分分析表
温泉成分分析表

西和賀町の湯田温泉峡には15カ所の温泉があり、ナトリウムイオン、塩素イオン、硫酸イオンを多く含む温泉が多く、弱アルカリ性からアルカリ性の性質を持っています。 また槻沢温泉(砂ゆっこ)は、東日本地区には珍しい「砂浴温泉」施設です。

各温泉地の温泉成分分析表を基に、源泉の特徴と利用法についてまとめると以下のようになります。

湯本温泉(1)

pH8.0の弱アルカリ性温泉
食塩泉、石膏泉、芒硝泉の働きがあり、特に食塩の働きが強く、刺激の弱い老若男女にむく温泉です。 カルシウムを含んでいるため飲泉可能であればカルシウムを摂取することができ、石膏泉には痒みを止める作用があるため皮膚病に効果があります。 蕁麻疹にも有効です。

湯川温泉(2)

pH7.7の弱アルカリ性温泉
食塩泉、石膏泉、芒硝泉の働きがあります。 ナトリウムイオンと硫酸イオンなどを多く含むので、芒硝泉の性質を持ちます。 芒硝泉の特徴は降圧作用があり、高血圧の人に良いでしょう。

巣郷温泉

pH8.2の弱アルカリ性温泉
重曹を含んだ食塩泉で、浴中は肌がなめらかになるが浴後は乾燥するためスキンケアが必要でしょう。 皮膚のがさがさ、かゆみがとれるため、慢性の皮膚病に効果があります。 飲泉により痛風に効果があります。ただし、高血圧、腎臓病の人はあまり飲まないほうがよいでしょう。

槻沢温泉(砂ゆっこ)

pH7.5、ほぼ中性の温泉
食塩泉、芒硝泉、石膏泉の特徴を持ちます。 食塩泉の性質により温まるので、腰痛、神経痛、関節痛、四十肩や五十肩、冷え性には効果があります。 砂浴は、20から30kgの砂の重さによる圧迫に加えて、50℃の熱砂に含まれる蒸気によって蒸されるものです。 熱砂と蒸気による間接的加温なので、水と違って、50℃の高温浴が可能となります。 したがって普通の温浴よりも著しく血液の循環が促され、老廃物、疲労物質の排出が高まり、また、炎症や痛みを起こす科学的物質を洗い流すなどの効果が見られます。 砂浴は、神経痛、腰痛、関節痛、筋肉痛、リウマチ、脳卒中後遺症、交通障害後遺症などの痛みやこわばりを伴う疾患に有効です。 ただし、高血圧症、心臓や肺の機能が低下した状態、狭心症、不整脈、腎臓疾患で機能が低下した時期、熱などがでた急性の病気の場合は避けるべきでしょう。 また、なにか病気を持っている場合には、掛かりつけの医師へ相談するのが良いでしょう。

錦秋湖温泉(穴ゆっこ)

pH7.9の弱アルカリ性温泉
石膏泉、芒硝泉と食塩泉の特徴が強い温泉です。 カルシウムを多く含んでいるので、飲用可能であればカルシウムを摂取することができます。 また、鎮静作用があるため、痛みやかゆみを抑えられます。

川尻温泉(ほっとゆだ)

pH7.5の弱アルカリ性
石膏泉、芒硝泉と食塩泉の特徴を持つ温泉です。 ナトリウムイオンと硫酸イオンなどを多く含んでおり、降圧作用があります。高血圧の人に良いでしょう。

志賀来温泉(沢内バーデン)

pH8.3の弱アルカリ性温泉
飲泉により痛風に効果があります。 芒硝泉、石膏泉の特徴があり、飲泉によりカルシウムを摂取することができます。 また、痒みを止める作用があるため、皮膚病に効果があります。蕁麻疹にも有効でしょう。

源泉名泉質入浴効果飲泉効果
湯本温泉(1)ナトリウム・カルシウム―硫酸塩・塩化物泉皮膚病、蕁麻疹の改善痛風の改善
湯川温泉(2)ナトリウム―塩化物・硫酸塩泉降圧作用 
巣郷温泉ナトリウム―塩化物・炭酸水素塩泉慢性皮膚病の改善痛風の改善
槻沢温泉
(砂ゆっこ)
ナトリウム・カルシウム―硫酸塩・塩化物泉腰痛、神経痛、関節痛、四十肩や五十肩、冷え性の改善 
錦秋湖温泉
(穴ゆっこ)
ナトリウム・カルシウム―硫酸塩・塩化物泉鎮静作用、痛み、痒みの改善 
川尻温泉
(ほっとゆだ)
ナトリウム・カルシウム―硫酸塩・塩化物泉降圧作用 
志賀来温泉
(沢内バーデン)
カルシウム・ナトリウム―硫酸塩泉皮膚病、蕁麻疹の改善痛風の改善

注意事項

湯田温泉峡は、弱アルカリ性~アルカリ性の温泉であるため、浴後に肌が乾燥しやすい。女性など乾燥肌の人は乳液などでのスキンケアが必要になる。

補足:泉質別の効能と留意点

食塩泉
高齢者向きでよく温まる熱の湯。筋・関節痛、打撲、ねんざ、冷え性、慢性婦人疾患、月経障害、不妊症、病後回復によい。入浴と飲泉で貧血症、慢性消化器疾患、慢性便秘症によい
芒硝泉
動脈硬化症の予防になる中風の湯。芒硝泉は高血圧症、動脈硬化症、外傷によく、入浴と飲泉で胆石、便秘症、糖尿病、痛風に良い
石膏泉
入浴と飲泉で高血圧症、動脈硬化症、糖尿病、慢性皮膚疾患、打撲、ねんざ、筋・関節痛によい。飲泉可能であればカルシウムを摂取することができる

湯田温泉峡における入浴法と期待される効果

1.ストレス解消ぬるめの湯で長湯をする
2.肥満予防数分の高温浴を2~3回繰り返す
3.慢性消化器病飲泉と入浴
4.動脈硬化・高血圧ぬるめの湯で長湯をする
5.慢性婦人病熱い湯で5分、ぬるめの湯なら15分
6.腰痛・四十肩ぬるめの湯で軽く患部を動かす
7.神経・筋肉・関節痛ぬるめの湯で長湯をする

滞在プログラム|温泉療法|食事療法運動療法環境療法


【PR】

甲府 ビジネスホテル
湯村温泉

宿の最新情報

健康づくりの宿最新情報
女将ブログ、スタッフブログなど、登録宿のブログ情報! お得な情報や季節のお便り、イベントなど、最新情報をお楽しみ下さい。

サイト検索

温泉郷.com内 web全体

powered by goo

TO-JI 健康づくりの郷

健康づくりの郷 熊本県阿蘇市

健康づくりの郷 新潟県新発田市

健康づくりの郷 山梨県北杜市

健康づくりの郷 北海道洞爺湖町