「ほっとゆだ」からお湯めぐり

岩手県 湯田温泉峡

湯田温泉峡の場所

Photo01
四季を通じて美しい錦秋湖

豊富な温泉資源と美しい景観に恵まれた湯田温泉峡。 9カ所の温泉場があるほか、全国でも珍しい温泉付きの駅舎、 洞窟風呂、砂風呂など、ユニークな温泉施設が点在しています。 雪に包まれる冬には伝統的なお祭りやイベントが目白押しで、 温泉と雪国文化が楽しめます。

かつては温泉と鉱山で栄える

岩手県の西部、奥羽山脈のふところに位置する湯田温泉峡。昨年11月1日、合併により誕生した西和賀町の旧・湯田町内に点在する、9つの温泉地の総称です。

湯田は雄大な自然に囲まれ、古くから温泉や鉱山で栄えてきました。町内は南北に北上川最大の支流・和賀川が流れ、ダム湖の錦秋湖に注いでいます。この湖は、秋の紅葉の美しさからその名が付けられたもので、ダム水源地環境整備センターのダム湖百選にも選ばれています。

温泉峡の中心にあるのが、「湯本温泉」。和賀川の清流沿いに旅館が建ち並び、江戸時代に狩人によって発見されたと伝えられています。

また、明治の文豪・正岡子規が逗留し、句を残していることでも有名です。明治26年、子規は秋田県六郷町から山越えをして湯田町に入り、湯本温泉に投宿。『はてしらずの記』に「ここは湯田という温泉場なり」と記し、句を詠みました。

湯本温泉の泉質はナトリウム・硫酸塩・塩化物泉。切り傷、やけど、慢性皮膚病などに効果があります。

湯治や憩いの場として

湯本温泉の南に位置する「湯川温泉」は、文字通り湯が川のように山峡を流れていたと伝えられています。古くからの温泉で、湯治場としてにぎわってきました。

出途の湯、中の湯、奥の湯と湯量豊富な3つの湯があり、各地から訪れる湯治客は、ここで交流を深め、情報を交換したといいます。多くの旅館は今も自炊兼用で、ひなびた風情が漂っています。

泉質は湯本温泉と同じ。出途の湯には体育センターがあり、奥の湯から3kmのところには、天然記念物の浮島があります。

国道107号線の岩手と秋田の県境の高地に位置するのは、「巣郷温泉」です。昭和42年、国が実施したボーリング調査の結果、温泉が湧出。当時は農作業で疲れた住民がからだを癒していましたが、一時期サラブレッドの医療、保養にも活用されたこともありました。

交通が便利なところにあり、眺めも格別です。目印は「鹿島様」と呼ばれる悪霊退治の人形です。

泉質は単純硫黄泉で、慢性皮膚病、慢性婦人病などに効果があります。

「湯田薬師温泉」は、自然林に囲まれた比較的新しい静かな温泉場です。温泉とともに森林浴も楽しめます。昔、薬師様がたてまつられていたと言われ、お年寄りの湯治や憩いの場として人気です。

泉質は、ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉で、切り傷、やけど、慢性皮膚病などに効果があります。

左草温泉・長峰の湯は、平成5年に温泉ボーリングで湧き出た温泉です。このほか、大沓温泉、川尻温泉、槻沢温泉、錦秋湖温泉があります。

Photo02
温泉郷のシンボル「ほっとゆだ駅」

Photo03
浴衣のまま温まる「砂ゆっこ」

湯田温泉峡のシンボルは駅

湯田温泉峡には、多くの温泉旅館や湯治場のほかに、豊富な温泉を利用したユニークな公衆浴場があります。

JR北上線のほっとゆだ駅は、湯田温泉峡の玄関口。木の風情を活かした素朴な建物、トンガリ屋根の上の時計台、町の鳥「やまどり」を模した飾りがユニークな駅舎は、大浴場を併設しています。

川尻温泉の湯をひいた大浴場、あわ風呂、寝風呂、貸し切り風呂があり、休憩所も設置。列車を待つ間にちょっとひと風呂、あるいは途中下車して旅の疲れを癒すことができます。

東北初の珍しい砂風呂が「砂ゆっこ」。トンガリ屋根に木の壁、山あいに調和した木造の建物は、湯本温泉からほど近いところにあります。

砂ゆっこは、町内で産出される天然珪砂を、温泉のお湯で熱した砂風呂です。入浴方法は、浴衣のまま砂の中にすっぽりと埋まってからだを温めます。肩こり、神経痛、冷え性、腰痛などに効果があり、休日には県外からも多くの観光客が訪れています。

錦秋湖温泉の名物湯は、洞窟風呂「穴ゆっこ」です。この地区には昔、多くの鉱山があったところ。その坑道をイメージして洞窟風呂が作られました。洞窟の中は湯気がこもるので、スチームバスの効果もあります。

穴ゆっこには洞窟風呂のほか、露天風呂(冬期は休業)があり、そこからの錦秋湖の眺めは最高です。

旧湯田町では、豊富な温泉資源を観光だけでなく、産業の振興、町民の福祉の充実などにも活用しています。温水熱を「産業用」「民生用」に分けて利用しているのです。産業用ではスッポン養殖や花き栽培、町民の福祉では町営屋内温泉プール、床暖房などです。

Photo04
幻想的な美しさの
「津田温泉峡雪あかり」

Photo05
勇ましい湯之沢裸まつり

Photo06
湯田名物の雪合戦大会

冬をいろどる多彩な祭り

県内有数の豪雪地帯にある湯田温泉峡は、冬はスキー客でにぎわいます。ゲレンデがなだらかなので、初心者やファミリー向け。滑り終えたら、温泉で疲れが癒せます。

また湯田の冬の風物詩は、雪国ならではの行事・イベントです。

旧暦12月12日の夜に行われる「湯之沢裸まつり」は、山祇神社に集まった若者たちが、裸になって川に飛び込み、身を清める勇ましい祭りです。

1月19日には「白木野人形送り」が行われます。ワラ人形を先頭に太鼓を打ちながら行列し、人形を木の枝に結び付けて厄払いをするお祭りです。

2月中旬は、「湯田温泉峡雪あかり」があります。雪あかりとは、たくさんのミニかまくらを作り、その中でキャンドルを灯すものです。町の街道に情緒あふれる雪像が並び、幻想的な灯りが灯ります。

旧湯田町は雪合戦の町としても有名です。フィンランドで開催される国際雪合戦世界大会でも優勝。毎年の雪合戦大会は湯田の恒例行事として、子どもから大人まで楽しみにしています。


COLUMN
天然温泉の宿「沢内バーデン」

ほっとゆだ駅から車で約30分のところに、天然温泉の宿「沢内バーデン」があります。源泉掛け流しの大浴場をはじめ、8種類の浴槽が自慢です。

漢方生薬の湯、ハーブの湯、檜の湯、全身マッサージと美容効果のあるバイブラの湯、超音波の湯、スチーム・サウナ、ウォーター・バスのバラエティ豊かな温泉が楽しめます。

また、沢内バーデンの周辺には自然があふれており、散策路も整備されています。バーデンでは四季折々のおすすめのハイキングコースを設定し、実施しています。

DATA

西和賀町役場
〒029-5512 岩手県和賀郡西和賀町川尻40地割40番地71
TEL:0197-82-2111
URL:http://www.town.nishiwaga.lg.jp/
湯田町観光協会
〒029-5512 岩手県和賀郡湯田町川尻40-73-11(湯夢プラザ内)
TEL:0197-81-1135
URL:http://www.echna.ne.jp/~yudakan/
アクセス
電車:JR北上線ほっとゆだ駅下車
車:秋田自動車道湯田ICより5分

月刊みんかつ 201号より
2006年2月28日 作成


温泉療養の宿 検索

【PR】

甲府 ビジネスホテル
湯村温泉

宿の最新情報

健康づくりの宿最新情報
女将ブログ、スタッフブログなど、登録宿のブログ情報! お得な情報や季節のお便り、イベントなど、最新情報をお楽しみ下さい。

サイト検索

温泉郷.com内 web全体

powered by goo

TO-JI 健康づくりの郷

健康づくりの郷 熊本県阿蘇市

健康づくりの郷 新潟県新発田市

健康づくりの郷 山梨県北杜市

健康づくりの郷 北海道洞爺湖町