戸惑うことも少なくあり 方に。初心者にとって、お湯は単に不快であり 、ストレスの多い考えであるため、楽しむことができない場合があります.温泉を利用するには、 多くの初心者が苦手とするプロセスがあります。わかりやすく 方を 温泉の楽しみました。

ステップ1:全身を洗う 

衛生上、温泉に直接入ることはできません。まず、シャワーまたは浴槽で体を洗います。全身をこすり洗いし、汗や汚れを落とします。ハイキング後に泥だらけになった場合は、石鹸を使用できます。 

温泉といえば、全員が全裸で入浴する公衆浴場が一般的です。この環境に慣れていない場合は 、 性器をタオルで覆うか、よりプライベートな場所を見つけることをお勧めします。お風呂は基本的に男女別ですが、社交が好きな方には混浴もあります。 

ステップ 2: ゆっくりとぬるま湯を浴びる 体を温める

ために、温度を上げた水を使って体を洗い続けます。手足の指から始めて、体にお湯を注ぐのに十分快適になるまで手足を動かします。耳と首の後ろもきれいにして温めます。頭からぬるま湯をかけられるほど気持ちが良ければ、温泉の準備は完了です。 

ステップ3:ゆっくりと温泉に

浸かる足からゆっくりと体をお湯に浸してください。暑さで足が痛くならなくなったら、慣れていることがわかります。ゆっくりと近づいて、お尻を温泉の床に座らせます。温泉で体を温めるために、しばらく滞在する場所です。 

腕を振って水を渡ったり、足を伸ばしてけいれんを避けるなど、時々手足を少し動かします。関節を柔らかくするお湯の効果を最大限に活用するために、肩などのこわばった部分をマッサージします。

滞在時間は最大15分まで、

最短10分が水から出るのに最適な時間です。 15 分を超えると、高熱 (極端な体温) を引き起こす可能性があり、熱射病の危険性が高くなります。放置すべき自然な兆候の 1 つは、額や鼻先に汗をかき始めたときです。水から出て、乾いた清潔なタオルで体を拭き、快適な服を着てください。ほとんどの温泉サービスには、後に着用するための特別な服があります.

多めの水を飲む 

湿気の多い環境でお湯に浸かっても、温泉は脱水症状を起こすことがあります。水をたくさん飲むべきです。その他の人気のある飲み物には、オレンジ ジュースやサイダーがあります。 温泉郷 は、日本で人気のヨーグルト ミルク ドリンクを提案しています。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です